長崎県佐世保市の土地登記、建物登記、測量のご相談は、土地家屋調査士法人レジスまでお気軽にご相談ください。

  • 0956-59-9070
  • ご相談・お問い合わせ

土地家屋調査士とは?

土地や家屋を調査する職業?
土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)という職業を
皆様はご存知ですか?

土地家屋調査士 広報キャラクター「知識くん」

土地家屋調査士といっても、一般の人にとっては馴染みがない職業ではないでしょうか。
言葉から連想すると、土地や家屋を調査する職業?と思われる方が多いかと思います。

土地家屋調査士は、測量や不動産の表示に関する登記の専門家のことであり、ご依頼を受けて、土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査して、図面の作成や不動産の表示に関する登記(表題登記)の申請手続などを行う国家資格者です。不動産(土地や建物)の登記をするために必要な調査や測量を行っています。

土地家屋調査士と測量士は同じ測量をする国家資格として混同しやすいですが、土地家屋調査士は登記手続きを前提とした測量を行い、測量士は測量に関する計画を作成し実施する専門家として、国や公共団体が行う測量業務(基本測量、公共測量)に従事したりする際に必要となる資格になります。

制度制定60周年

土地家屋調査士

土地の境界の調査や境界確定、また土地・建物の表示に関する登記をするための専門家。登記を前提とした測量を行う。

測量士

測量士

測量に関する計画を作成し、実施する専門家。国や公共団体が必要とする測量を行う。
また土地家屋調査士にしかできない重要な仕事に、境界を確定させるということがあります。土地の境界は公法上の境界です。動くことはあり得ません。公法上の境界をはっきりさせることは、土地家屋調査士にしかできない重要な仕事です。
境界とは?についてはこちら
境界確定測量についてはこちら

こんなときは、土地家屋調査士の出番です!

境界確定測量
  • マイホームを建てた時、増築、取壊しなど、建物の表題登記の代理申請
  • 相続や贈与等で、土地を分けたいときや、逆に土地を1つにまとめたいとき
  • 土地の境界や面積を知りたいとき
  • 農地や山林を宅地に変更したいとき
  • 境界がわからなくなったとき
  • 法務局の地図に大きなズレがあったとき