長崎県佐世保市の土地登記、建物登記、測量のご相談は、土地家屋調査士法人レジスまでお気軽にご相談ください。

  • 0956-59-9070
  • ご相談・お問い合わせ

測量

測量

測量とは、土地、家屋などの面積、形状、高低差などを明らかにする行為です。つまり測量は、その土地、家屋の価値を明示することと言い換えられます。土地家屋調査士が行う測量は、お客様が「何を目的にするか」でいくつかに分かれます。

  • お隣りとの境界がはっきりしない…
  • 土地を売りたいのでおおよその面積を把握したい
  • 将来の相続のために2人の子供のために、土地を分けておきたい
  • 建築設計のため敷地の現況図が必要なとき
  • 境界標が亡失したので復元したい

など目的によって測量の種類・手順は違います。

境界確定測量

境界確定測量

境界はみなさまの大切な土地の境界線のことをいいます。境界確定測量は土地の境界を測って境界の範囲を明確にするものです。境界には目印となる境界杭が埋設してあり、その土地の境界線を明確にしておくことが通常です。ただし、境界杭が埋設されてない場合や、どこにあるかわからない場合は、これがもとでトラブルになる可能性があります。
境界についての詳しい内容はこちら

そこで、境界確定測量をして境界を確定させておけば、後々のトラブル回避に役立ちます。
境界確定測量に基づく図面を当事者の間で保管しておくことで、双方で境界の位置について事実上の合意が得られます。この図面をもとに境界杭が残されると、境界が客観的にも明確になり、将来の境界トラブルの予防になったり、土地の管理がしやすくなることでご家族でも管理できたり、相続や土地売買の際の手続きがスムーズに行えます。
「杭を残して悔いを残さず」といわれるように境界をはっきりさせ、境界標(杭)を設置することが大切です。みなさまの大切な財産である土地を守るためにも、境界がはっきりしない場合などは境界確定測量をしておくことをお勧めいたします。お早めにご相談ください。

  • お隣りとの境界がはっきりしない
  • 将来の相続のために2人の子供のために、土地を分けておきたい

測量の流れについてはこちら

GPS(GNSS)測量

GPS(GNSS)測量

GPSと聞くと、カーナビやスマホのGPS機能などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、GPSとはグローバルポジショニングシステム(Global Positioning System)の略称で、アメリカが開発し運用している複数の人工衛星を使って地球上のどこにいるかを正確に割り出す全地球測位システムのことをいいます。GPS測量とは、この人口衛星のシステムを利用し測量することをいいます。
また現在測量においては、H23年の作業規定の準則の改正がありアメリカ以外のロシアのグロナス衛星も併用して使われるようになったため、アメリカが打ち上げたGPS衛星をつかった測量と誤解を招く「GPS測量」の呼び方をやめて、「GNSS測量」という名称に測量業界では呼ばれるようになってきております。
※GNSSはグローバルナビゲーションサテライトシステム(Global Navigation Satellite System)の略称です。
※ちなみに日本ではJAXAが運用する準天頂衛星を使ったQZSS測量(GNSSを補助補完する目的)が2018年~利用可能となる見込みで運用テストなどが始まっています。

また測量の単位について、測量の位置関係は緯度・経度のほか通常XYまたはXYZの座標値で表されています。
その座標値を世界統一のものとして日本でも使用し始めており、これを世界測地系といいます。GPS(GNSS)測量では基本としてこの世界測地系での座標値を算出してくれる測量です。
GPS(GNSS)測量では、受信機を使い座標を計算します。受信機1台だけの単独測位や、受信機2台以上を使った高精度な相対測位など用途に応じて測定法があります。当事務所では、ご要望に応じたご対応が可能です。
広大地の測量でも、天候に左右されにくく、高精度な位置の決定もできるため、スピーディかつ高精度な測量が可能です。 GPS(GNSS)測量をお考えの方は当事務所におまかせください。

GPS(GNSS)測量のメリット

直接人口衛星から公共座標(世界測地系)や経緯度・標高を求める事ができる。高精度・短工期が可能です
ある地点の公共座標値や経緯度・標高を求める、または工事現場内に基準点を設ける場合、一般的に国道沿いなどにある既設の基準点や山の上の三角点から基準を移設します。
しかし、従来の測量(トータルステーションなど)では、現場と基準点の距離が離れれば離れるほど誤差が大きくなり、測量日数もかかっていました。GPS(GNSS)測量は、直接人口衛星からの電波を受信・測位するため、誤差大きくなることや作業時間のロスがありません。高精度・短納期が可能です。
障害物があっても大丈夫。相互の視通不要
建築現場や作業エリア内に重機や建物などの障害物があっても複雑なトラバースを組む必要がないため、そのまま観測でき、誤差の解消と短納期が可能です。
天候に左右されない
従来の測量(トータルステーションなど)では、天候などにより精度が大きく左右され、また悪天候の場合は観測ができない場合もありましたが、GPS(GNSS)測量は、雨・風・雪などの天候による影響をほとんど受けることがなく、24時間観測が可能です。
災害対策としても、注目されています。大きく境界がずれてしまっても、人口衛星を使って元の位置が割り出せる
災害対策としても注目されています。大きな地震がおきて、土地が街区を大きく移動してしまったという場合には、境界がどこか位置を割り出すのはかなり困難です。その際、境界の座標を世界測地系で残せていれば、境界の復元ができます。

現況測量

現況測量

現況測量とは、土地のおおまかな面積や、高低差など土地の実際のすがたを図面化する測量です。建物の建築・外構の工事を計画する場合に詳細な現況図があれば、より具体的な計画がたてられます。境界確定測量とは異なり隣地との境界を確定するものではありませんので境界立会い等は行わないため費用も安く、期間も短くて済みます。

  • 土地のおよその面積を知りたいとき
  • 建築設計のため敷地の現況図が必要なとき

境界標の復元測量

境界標の復元測量

工事や災害などにより境界標が無くなったり、移動してしまった場合に境界標を元の状態に復元するための測量です。法務局備付けの地積測量図やお客様保管の境界確認書、役所備付けの官民境界協定書等の情報に基づいて、隣接土地所有者の立会いの上で、境界標を復元いたします。

  • 境界標が亡失したので復元したい